18670773_1312538465461913_7646074557424563374_n

体験 ≪ お参りとお師匠さんへの御礼 ≫

おおきに、ミャーコどす。

新緑の季節にぴったりな青もみじが、春風にふかれてええ気持ちに・・・とおもてたら、
いきなり真夏のような暑さになったりと、今年の京の夏は暑うなりそうどす。

 

みなさん、体調お崩しになったはらしませんやろか?
なんや、各花街ではお腹にくる風邪がはやってるようどす。気ぃつけておくれやす。

こちらのお写真は、昨年の都をどりのあとの、無事すみましておおきにのお参りとお師匠さん
への御礼に集まられているお写真どす。
お仕事の都合で、お衣装の方やそんなりのお着物の方といろいろいはりますけど、
皆さん御草履を履かれています。

 

舞妓さんといえば、おこぼ。
そのイメージがあるんどすけど、案外とお衣装に御草履の組み合わせもお見受けします。

 

それって、おこぼ自体がとても重いことも1つの理由なんどす。

 

おこぼで歩かはると、その重みと材質で床が傷つくことがあるそうどす。
そやから、どちらかの会館に向かわれるとき、ホテルでの宴会などに向かわれるとき、
歌舞伎などを観に行かれるときなど、よほどのことがない限り、おこぼではなく御草履を履かれるそうどす。

 

TPOに合わせて考えられている舞妓さんのお姿、今からどこへ向かわれるんやろか・・・
と考えさしてもらうのも楽しおすなぁ。

 

どうぞ、よろしゅうに。

Pinterst share

Pinterest

Visit GeishaJapan's profile on Pinterest.

  • 月刊京の舞妓さん
  • 舞妓倶楽部 はんなりだより