ブログ0708

祭事 ≪ みやび会お千度 ≫

おおきに、ミャーコどす。

毎年7月上旬に、祇園甲部では、芸舞妓さん方がお揃いの浴衣に身を包んで、八坂さんにお詣りされ、ご祈祷してもらいにいかれる日があるんどす。

京舞井上流一門の芸舞妓さん方、ようするに祇園甲部の芸舞妓さん方ということになりますけど。芸の上達と無病息災をご祈願されるもので、「みやび会お千度」とよばれている行事どす。

「お千度」いうんは、本殿の周りを千回まわってお詣りするいう意味なんどすけど、本殿を三回まわってお詣りしはることで、千度お参りしたことになります…なんやちょっとズルなような風習があるんどすわ。

そやさかいに、八坂さんにきはった芸舞妓さん方は、本殿のなかへご祈祷してもらいに入らはる前に、本殿の周りを三回まわらはります。

ほんで、ご祈祷が終わりますと、皆さんお揃いの浴衣で記念撮影をされるんどす。これだけの芸舞妓さんが一斉にお写真に納まらはるのは、年に一度のこの日だけや思いますえ。そら、えらい迫力どす。

そしてそのあと、四条河原町の高島屋さんでの昼食会が恒例になってるようで、お師匠さんや大きいお姉さん方はタクシーでいかはるようどすけど、ほとんどの芸舞妓さん方は八坂さんから四条大橋を渡って高島屋さんまで歩かはりますさかいに、お揃いの浴衣姿に日傘の花も咲いた、芸舞妓さん方の大移動に街ゆく人々は、毎年驚きの表情を浮かべたはります(笑)

こうして毎年同じ時期に、同じ行事をされるということは、伝統を守らはるうえでも、一門の結束のためにも大事なことなんや思います。そうやって、昔から引き継がれてきたはるんから今があるんどっしゃろなぁ…

どうぞ、よろしゅうに。

Pinterst share

Pinterest

Visit GeishaJapan's profile on Pinterest.

  • 月刊京の舞妓さん
  • 舞妓倶楽部 はんなりだより