ブログ01242015

花街 ≪ 新年あけまして… ≫

おおきに、ミャーコどす。

おめでとうさんどす、のご挨拶の新年どすけど、芸舞妓さん方がお客様をおむかえしはりますのと同時に、お茶屋さんやお料理さんも、お客様皆さまを新しい気持ちでおむかえされます。

お茶屋さんによっては、お家のまえの犬矢来(もともとはワンちゃんが家の前でおしっこをせえへんように工夫されたもんどす)なども新しいしはったり、お座敷の畳、障子、ふすまにいたるまで、全て張り替えられるところもすくのうおへん。

新年初めてお座敷にあがらはるお客様は、あたらしいイグサの香りがお正月の香りやとおっしゃられる方もいはるほどどす。

さて、芸舞妓さん方は…
新しい気持ちでスタートされる一年の始まりどすけど、新年ならではの、舞をご披露されるときにちょっとした緊張感に包まれはるそうどす。
もちろん舞のご披露のときには、気ぃいれて心を込めて舞わはるんどすけど、この年初ならではの違う意味での…

年の暮れ、12月13日の事始めのときに、お師匠さんから新しい舞扇を渡してもらわはります。
その舞扇、日々お稽古でもお仕事でも使わはらへん日はないほどの馴染のものどすけど、やはり新品はちょっと違うらしいどす。
なんや勝手が違うそうで… その新しい舞扇を日々使い込んでいかはることで、自分だけのええあんばいの舞扇にこなしていかはるやとか。

もう言うてる間に、来月からは春のをどりのお稽古がはじまります。お節分、お花見シーズン、をどりシーズン、祇園祭やらと、またお忙しい一年が走りだしました…

また今年も日々の鍛練から、皆さん、マイ舞扇のチューニングがはじまるんどっしゃろなぁ。今年もあんじょうきばっておくれやす。

どうぞ、よろしゅうに。

Pinterst share

Pinterest

Visit GeishaJapan's profile on Pinterest.

  • 月刊京の舞妓さん
  • 舞妓倶楽部 はんなりだより