10326787305_afd8aa1897_c

名所 北政所茶会と太夫道中

1606年、豊臣秀吉の妻ねね(北政所)が秀吉の死後、
冥福を祈って建立したといわれる高台寺で、
9月6日に亡くなられた、ねね(北政所)を偲んで、
月命日の毎年10月6日にお茶会が開かれます。

お茶会は、少々お値段もお高いのですが…
5茶席と点心席をゆっくりと楽しむことのできる
秋の静かな京の一日をお過ごしいただけることでしょう。
しかし、お茶券の事前購入が必要ですので、
お早めにお問い合わせくださいませ。

それに併せて、是非ご紹介したいのが、
こちらのお茶会に招待されていらっしゃる島原の太夫さんが、
高台寺のお茶会へ入席される時と退席される時に披露される
太夫道中(たゆうどうちゅう)です。

先頭を歩く2人のかわいらしい禿(かむろ)さんの後ろから、
内八文字という独特の歩き方で、ゆっくりと進まれます。
黒漆の高下駄を履かれているのですが、
普通の下駄は二本歯であるのに対して、
太夫が履かれる下駄は三本歯なのが特徴の一つです。

こちらは、高台寺への一般拝観料のみでお楽しみいただけますので、
是非、この機会に島原の文化に触れてみるのはいかがでしょうか?

★★★
開催日:10月6日(木)
時 間:8時~15時
場 所: 高台寺
参加料:11000円
 ※事前に茶券をお求め下さい。

住 所: 京都市東山区高台寺下河原町526
問合せ: 075-561-9966

鷲峰山 高台寺 公式サイト

※ 太夫道中は、例年、9時前後と15時前後
  詳細は、高台寺の方へお問い合わせください。
★★★  

Pinterst share

Pinterest

Visit GeishaJapan's profile on Pinterest.

  • 月刊京の舞妓さん
  • 舞妓倶楽部 はんなりだより