6707260401_565cbd9e0d_z

案内 舞妓さんがいっぱい!?

この時期、秋の京都には、あちらこちらに舞妓さんがいっぱいいはります。
花街界隈はもちろんのこと、清水寺や嵐山…観光名所などにも。

みんな思うことは同じなんだと思いますよ。

「本物さんやろか? 変身舞妓さんやろか?」

皆さんは、どこで見分けようとされますか?

本物の舞妓さんは、全てを地毛で髪を結っているので、
かつらや、前髪は地毛で後ろはかつらの半がつらの舞妓さんは、
変身さんだと、すぐにわかります。

また、普通に考えると舞妓さんの年齢は、およそ15歳~20歳前後…
ウ~~~ン…どう考えても、ちょっとお歳を召されている!?方は、
ごめんなさい~変身さんだとわかってしまいますね。

でもでも、本当の見分け方は、外見ではありません。

姿勢の違いなんです。

ピンと、一本芯のとおった姿勢は、日頃の鍛錬の賜物だと思いますが、
視線は伏し目がちでも、まっすぐにのびた背筋…
本物さんのオーラが満ち溢れています。

これからのシーズン、お友達と思い出作りに変身舞妓さんで、
散策されるご予定の方もいらっしゃると思いますが、
是非、「姿勢」 の二文字を頭に入れて、
背筋を伸ばして、肩を落とす…視線は1.5メートル先の行く道をみて、
そして、キュッとお尻に力を入れて歩いてみてください。

いろんな外見を気にするよりも何よりも、
身も心も間違いなく、本物さんに近づけるはずです^^

Pinterst share

Pinterest

Visit GeishaJapan's profile on Pinterest.

  • 月刊京の舞妓さん
  • 舞妓倶楽部 はんなりだより